岡山で定期的に内視鏡検査を受けて健康維持に努めよう

サイトマップ
胃が痛む

岡山在住の方は内視鏡の検査を受けましょう

食生活や生活習慣の変化により、胃がんや大腸がんなどといった消化器疾患の割合が増加してきました。これらの死因は上位に上っています。特に今の時代は、40歳を過ぎると2人に1人ががんにかかると言われています。がんの早期発見を知る1つとして内視鏡検査があります。小さな棒状のカメラを胃や大腸にまで達して内部の細かいところまで観察を行うことができます。内部の状態によって疾患があるかどうかわかります。検査時間は20分程度と短く、事前に食事制限や腸をキレイにしていただく作業が必要になります。内視鏡検査を行うことができる場所には、岡山の自治体の集団検診があります。日時が決まっていますので、都合がつかないかたは、個別に岡山の病院や人間ドックで予約して行うとよいでしょう。内視鏡検査を行える岡山の病院が一覧になっており、それをネットで調べる方法があります。近隣のかたの口コミも参考にすると安全に検査を受けることができる病院を見つけることができるでしょう。検査の費用は自己負担になりますが、疾患が見つかった場合は保険の適応となることがあります。内視鏡で早期発見することにより早期に治療を開始することができて、通常通りの生活を送られている方も多くいらっしゃいます。発見が遅れると治療期間も長引き、以前のような生活をすることが難しくなるので、一度内視鏡を受けてみて早期発見に努めましょう。

健康を維持するために岡山で内視鏡検査を受けましょう

内視鏡検査とは体内に内視鏡を入れて、目視で病気を探す検査です。消化器を検査するために内視鏡検査が行われています。食道から胃・十二指腸までを上部消化器、直腸から大腸を下部消化器と呼びます。上部消化器の場合は口(もしくは鼻)から、下部消化器の場合は肛門から内視鏡を入れます。岡山にはこの内視鏡検査を実施している病院が数多くあります。上部・下部いずれの検査も「辛そう」、「苦しそう」などと言ったマイナスのイメージを抱く方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、最新型の機種は内視鏡の口径が小さく、従来のものよりも楽に検査できるようになってきました。岡山でもこの最新式の危機を導入する病院が増加傾向にあります。また、内視鏡検査はバリウムで行う健康診断とは異なり、病変を発見した場合、その場で細胞を採取し精密検査ができるので、一度の検査でより早く詳細な結果をわかることもメリットの一つです。もちろん癌の早期発見にも役立ちます。内視鏡の機器も進歩していますが、それに伴い機器を操作する医師やサポートする看護師も患者さんが苦痛なく検査できるように日々研鑽を積んでいます。岡山でかつて内視鏡検査で辛い思いをしたことがあり、それ以来検査を行っていないという方はぜひこの機会にご自身の健康チェックを受けてみてはいかがでしょうか。

病気を早期発見するために岡山で内視鏡検査を受ける大切さ

内視鏡による検査は、隠れた病気の早期発見に欠かすことができない優れた検査方法です。がん細胞などは痛みがなく、知らない間に病気が進行してしまっているケースもあるので、まだ初期のうちに発見できればすぐに治療を始めることができます。また、検査を受けるための費用や時間もそれほどかけずに受けられるのもメリットです。岡山の内視鏡検査を安心して受けるにあたり必要なことは、前もって内視鏡検査のやり方や手順、注意事項などの説明を十分に聞いておくことです。そのうえで、検査に向けて前日までの食事制限の実施や検査への過度の不安に対処するために、よくリラックスして体調を整えて向かうことが大切です。緊張や不安が勝ってしまうと、内視鏡による痛みを感じやすくなってしまうからです。加えて、岡山の内視鏡検査でも人体に管が入ることへの不安を和らげリラックスして臨むことができるように、検査箇所によって喉への部分麻酔や鎮静剤を用いてくれるところもあります。人体内部の見えない病気が悪化する前に、早期に治療を始めることができるという大きなメリットがあるので、症状が何も無いとしても岡山での定期的な内視鏡検査を受けていくのは、健康な生活を続けていくために大切です。

TOP