岡山で定期的に内視鏡検査を受けて健康維持に努めよう

サイトマップ
胃が痛む

病気の早期発見を期待できる内視鏡検査を岡山で受けよう

手術中

瀬戸内海式気候口による温暖な環境で過ごしやすさに定評のある岡山は長寿の県として知られています。歳を重ねても健康に過ごしたいと考える人が多い岡山では、病気の早期発見、早期治療を目指した内視鏡検査に注目が集まっています。
内視鏡検査とは医療用のカメラを体内に入れて、体の内側の映像を見ながら状態を確認する検査方法です。従来の検査で中心だった触診などによる検査よりも精度が高く、病気の早期発見につながるとして広く普及しています。体に係る負担も従来の検査よりずっと少なく、病院が苦手という人にもオススメの検査方法です。
特に注目を集めているのが大腸内視鏡検査です。肛門から内視鏡を入れて大腸を直接目視でチェックするこの検査は、従来の検査では見落としが多かった大腸がんの発見に大きな成果をあげています。検査用の内視鏡で細胞組織の採取やポリープの切除といったことも行えるので、疑いのある部分を検査段階で排除することができます。自覚症状が出る前の早期に治療することが期待できるでしょう。
岡山には内視鏡を用いた検査や人間ドッグを提供する医療施設が増えています。健康に不安のある人はもちろん普段から病気をせず、健康に自信のある人も定期的に検査を受けることが健康を守る一番の近道です。

TOP