岡山で定期的に内視鏡検査を受けて健康維持に努めよう

サイトマップ
胃が痛む

自分と家族のために岡山で内視鏡検査を受けましょう

聴診器

自分のためや家族のためにも、内視鏡検査を受けましょう。内視鏡検査と聞くと恥ずかしい、痛い、苦しいなどといったイメージがあるのではないでしょうか。しかし、今は岡山県内でも苦痛の少ない内視鏡の検査を行ってくれる病院がたくさんあります。例えば、胃の内視鏡であれば口から入れるものが主流でしたが、今では鼻腔から内視鏡を入れる検査方法が増えてきています。口から入れるのは辛いという方でも、鼻からであれば苦しまずに検査を受けられます。また麻酔を利用すれば、内視鏡が食道を通る時の痛みに不安を抱えている方も心配することなく検査を受けることができます。
胃だけでなく、大腸などの内視鏡検査もありますが、恥ずかしいから行かないという一時の気持ちが一生の後悔となることも十分あり得ます。がんは日本人の死因第一位です。自分のためはもちろん、家族のためにも1年に1回は内視鏡検査の受診をお勧めします。岡山県の内視鏡受診率は全国で見ると平均的なものになっています。全国一位を目指して、家族、友人と声を掛け合って受診しましょう。声を掛け合えば、怖くも恥ずかしくもありません。早期発見、早期治療を心掛けてがんで悲しまない、悲しませない生活を送りましょう。

TOP