岡山で定期的に内視鏡検査を受けて健康維持に努めよう

サイトマップ
胃が痛む

内視鏡検査は岡山でスタンダードになりつつある

医師と患者

健康についての意識が高い岡山で今注目を集めているのが内視鏡を用いた胃の検査です。いわゆる胃カメラと呼ばれる内視鏡検査は岡山だけでなく世界的にもスタンダードな検査方法です。カメラを直接体内に入れて、胃や食道など消化器の状態を映像で確認できるので、自覚症状がない僅かな病変のきざしも見逃すことはありません。岡山の総合病院の多くは胃の内視鏡検査を提供しており、病気の疑いがある人だけでなく人間ドックを受けに来た人にも広く検査が実施されています。
胃の内視鏡検査というとつらい、苦しいと言った感想も聞かれます。確かに内視鏡という異物を口から入れるので多少の苦しさがあるのは事実です。中にはえづいてしまって検査が受けられなかったという人も見られますが、内視鏡検査の不快感や辛さに関しても対策は年々進んでいます。
内視鏡の小型化や検査担当者の技術向上により一昔前に比べると内視鏡検査の辛さは大幅に軽減されています。内視鏡が苦手な人向けに麻酔を用いた検査も行われているので、以前に比べると苦しくて検査が受けられないという人の数は減少しています。
不安な方は検査を受ける前に担当の先生に相談してください。カウンセリングや麻酔の使用など適切な緩和ケアをしてくれます。

TOP